北海道の北見市にある農業共済組合の公式ホームページです。

オホーツク農業共済組合
〒099-0879 北海道北見市美園497-1
TEL
0157-66-6000
FAX
0157-37-2000

技術情報

2016/09/02

ルーメンフィルスコア

採食量を牛の外観でチェックする「ルーメンフィルスコア」を紹介します。

◆ルーメンフィルスコアとは

ルーメン(第一胃)のふくらみを、1(悪い)から5(良い)までの5段階に評価するのが、ルーメンフィルスコアです。ルーメンフィルスコアは、およそ12時間以内の採食量を評価できるといわれています。(参考:ボディ・コンディション・スコアは4週間前の、腹囲膨満度は数日前の採食状況を反映するといわれています)

 

◆評価方法

牛のルーメンは、お腹の左側を占めていますから、左後ろから牛を観察します。そして、けん部※のふくらみ具合から、5段階評価します。(※けん部とは、①腰椎横突起②最後肋骨③腰角下の皮膚に囲まれた部分。図参照)

スコア5:けん部がはっきり見えません。乾乳期の 理想的なスコアです。

スコア4:けん部が丸く膨らみ、腰椎横突起は確認できます。乾乳期および泌乳後期によく見られます。

スコア3:けん部は平らか、へこんでいても軽度。最後肋骨からのへこみが手の幅1つ未満。採食量が適切な搾乳牛のスコアです。

スコア2:けん部は手の幅1つ分くぼみ、三角形にへこんで見えます。分娩後1週間の乳牛でよく見られますが、その後も続く場合は採食量が不足しています。

スコア1:けん部のへこみはさらに大きく、台形に見えます。病気で何も食べていないか、ほとんど食べていません。

 

オホーツク農業共済組合 〒099-0879 北海道北見市美園497-1
TEL
0157-66-6000
FAX
0157-37-2000