北海道の北見市にある農業共済組合の公式ホームページです。

オホーツク農業共済組合
〒099-0879 北海道北見市美園497-1
TEL
0157-66-6000
FAX
0157-37-2000

技術情報

2011/01/13

ウイルスが原因 牛白血病

ウイルスが原因 牛白血病

近年、発生が増加し、感染してもほとんどの牛は無症状で、治療方法が無い恐ろしい病気、牛白血病についてお話したいと思います。

牛白血病は、リンパ系の細胞を腫瘍化させる病気です。

本病は地方病型と散発型に大別されますが、その殆どは地方病型の白血病であり、牛白血病ウイルス(BLV)が原因で起こります。

病  型 原    因 発症年齢 主な臨床症状
地方病型

成牛型 牛白血病ウイルス

2歳以上

体表リンパ節の腫大

骨盤腔に腫瘤

散発型

子牛型 不明

1歳以下

リンパ節が左右対称性に腫大

胸腺型 不明

4~24ヶ月齢

頚部の腫脹

皮膚型 不明

1~5歳齢

全身の皮膚に蕁麻疹の皮膚腫瘤

感染様式 感染する率 詳    細
子宮内感染 4~8%

感染牛の胎盤、産道で子牛が感染

乳汁感染 6~16%

感染牛の乳汁を新生子牛が摂取することで感染

人為的感染 高 率

注射針、直腸検査用手袋、ミルカーを介して感染

出欠を伴う除角・去勢・耳標装着によって感染

吸血昆虫媒介 状況による

アブ・サシバエなどによる機械的感染

感染牛の60~70%は無症状ですが、周囲の牛への感染源となります。また、感染牛の約30%はリンパ球数の増加が認められますが、臨床的には異常を呈しません。

感染牛の一部(0.2~0.5%)は1~8年後に発症し、削痩、元気消失、食欲不振、眼球突出(写真1)、乳量減少等となる他、体表リンパ節の腫大(写真2)が起こります。また発症牛は数週間から数ヶ月で致死的経過をとります。

1.血液が付着する可能性のある注射器(針)、直腸検査用ビニール手袋は1頭毎に交換する。

2.除角・去勢器具、耳標装着器、鼻環装着器は、1頭毎に消毒して使用する。

3.吸血昆虫(アブ・サシバエなど)による媒介を防止するため、忌避剤を含んだイヤータックを装着したり、薬浴を行う。

4.定期的な牛舎の洗浄・消毒を行う。(特に分娩房は念入りに)

5.初乳は抗体陰性牛のものを与える。または、加温(56℃30分)・凍結融解したものを与える。

6.全頭検査で感染牛を把握し、抗体陽性牛は隔離あるいは淘汰する(抗体検査は6ヶ月齢以上が対象)。

ヒト、ネズミ、鶏等でも白血病が知られていますが、各動物の白血病ウイルスは、特異性が強いため、白血病ウイルスがヒトに感染することはありません。

オホーツク農業共済組合 〒099-0879 北海道北見市美園497-1
TEL
0157-66-6000
FAX
0157-37-2000